環境・安全衛生への取り組み

安全衛生

環境

廃棄物の再資源化

生コン工場・販売店・二次製品工場マップ
Go!
Go!
Go!
カタログ・製品安全データシート
セメント協会

リサイクル・廃棄物処理

麻生セメントは、セメント製造で長年培ってきた経験と技術を活かし、廃棄物を再資源化し、有効利用するよう取り組んでいます。

廃棄物をセメント製造工程の中で再資源化

廃プラスチック処理設備(田川工場)麻生セメント田川工場・苅田工場の廃棄物処理は、セメント製造に必要な原料、燃料および調整水の一部に廃棄物を混合し、製造工程の中で行います。
固形の廃棄物はセメント原料に混合され、原料ミルで乾燥・粉砕し、成分調整後にニューサスペンションプレヒーター(NSP:New Suspension Preheater)付きキルンで焼成され、クリンカーとなります。このクリンカーに石膏を約3%混合し、粉砕するとセメントになります。

NSPはクリンカー冷却後の熱空気を燃料用空気とする焼却炉を持ち、炉内のガス温度は約1,000℃となり、原料中の石灰石が分解されます。また、この過程で有機質系の廃棄物は完全に燃焼され、熱源の一部となります。無機質系の廃棄物は、原料と共にNSPからキルンに送られ、約1,450℃まで灼熱され、化学反応によってクリンカー鉱物となります。
廃油はNSPの焼却炉で燃焼され、燃料の一部代替として活用します。また、廃酸・廃アルカリおよび廃水等は、キルン排ガス中に投入します。

このように、廃棄物は厳密な品質管理のもと、セメント製造工程の中で、原料および燃料として再資源化されます。

セメント工場における資源リサイクル

資源リサイクル
RDFサイロ(苅田工場)
SOM設備(田川工場)

受入に関するご相談

廃棄物の受入に関するご質問やご相談などがありましたら、お問い合わせフォームまたはFAXにて当社資源開発グループまでご連絡ください。

リサイクル・廃棄物処理に関するお問い合わせ

※個人および一般のご家庭からの排出物は、法律及び許可の都合上取り扱いできませんので、お問い合わせに回答しかねる場合があります。


お問い合わせ一覧