環境・安全衛生への取り組み

安全衛生

環境

廃棄物の再資源化

生コン工場・販売店・二次製品工場マップ
Go!
Go!
Go!
カタログ・製品安全データシート
セメント協会

廃棄物の再資源化に関するご相談

廃棄物の受入に関するご質問やご相談などがありましたら、お問い合わせフォームまたはFAXにて当社資源開発グループまでご連絡ください。

受入に関するご相談

リサイクル・廃棄物処理に関するお問い合わせ

※個人および一般のご家庭からの排出物は、法律及び許可の都合上取り扱いできませんので、お問い合わせに回答しかねる場合があります。

取り扱う廃棄物の種類(許可品目)

田川工場は1983年10月、苅田工場は1990年4月に、産業廃棄物の中間処理業の許可を初めて取得しました。その後、処理技術の向上と設備の充実に取り組み、現在では下表のように多種多様な処理に対応しています。

廃棄物の種類 処理方法 処理可能量(トン/日)
田川工場 苅田工場
【産業廃棄物】 焼成 4,500 3,500
燃え殻
汚泥
廃プラスチック
紙くず
木くず
繊維くず
動植物性残渣
ゴムくず
金属くず
ガラスくず等
鉱さい
がれき類
ばいじん
第13号廃棄物
廃油
廃酸
廃アルカリ
【一般廃棄物 ごみ焼却
(焼成)
- 48,000t/年
貝殻
RDF
焼却灰
汚泥
紙くず
動植物性残渣

※1廃棄物のうち、セメントの品質に悪影響を与える成分を多量に含むもの、あるいは取り扱いが著しく困難なものについては、処理できない場合があります。
※2廃棄物の種類によって、処理可能量は異なります。
※3焼成:原料を窯(キルン)などに入れて高い温度で焼き、化学反応を促して、セメントの中間製品である「クリンカー」をつくること。
※4下水汚泥溶融スラグおよび無機性汚泥のセメント固化物。
※5フロン破壊業者許可取得(2003年)
※6一般廃棄物処理施設(福岡県)一般廃棄物処理業(苅田町)

受入までの流れ

受入までの流れ

お問い合わせ一覧